福岡県福岡市南区 第一薬科大学後援会のホームページへようこそ!!

qrcode.png
http://ichiyaku-kouenkai.jp/
モバイルサイトにアクセス!

第一薬科大学後援会
〒815-0032
福岡県福岡市南区塩原2-9-23
TEL.092-551-4746
FAX.092-555-3134

------------------------------------
・後援会支部総会開催 
・夏季集中講座

・フレンドシップツアー支援

・白衣授与

・各種勉強会支援
・就職活動支援
・後援会会報発行
・後援会ホームページによる
大学広報(23年度中実施予定)
・その他大学要望事項(備品
取得、クラブ施設整備等)に
対する支援

------------------------------------

 
064695
 
   

第一薬科大学後援会は、大学の堅実な発展を後援することを目的として発足し、学生の充実したキャンパスライフ向上をめざしています。主な活動として、後援会支部総会開催・夏季集中講座の開催・就職活動支援・後援会会報発行・その他大学が開催する大学祭・学生海外研修と九薬蓮に対する支援などを行っております。

     
 

国家試験合格者の体験談です。

国家試験合格者の体験談です。
 
福岡支部総会で伊万里出身の田代様が講演してくれました。
「私は今年、薬剤師国家試験に合格して病院薬局に勤務しております。
しかし実は卒業試験に1度失敗しており、卒延生となりました。一夜漬けの勉強で定期試験に臨み、模擬試験も受けっぱなしで復習もせず・・・と言った学習態度でしたが、特に単位を落としていたわけではなく、卒業試験不合格の1番の原因は体調管理が不十分だったことです。これは国家試験にとっても重要なポイントです。
 ところで卒延生の多くは予備校に通いますが、私は予備校には行かずに自己学習の道を選択しました。その理由は、それまで講義を受けっぱなしで満足に復習もしていなかったので、自分を追い込む形をとって勉強したかったこと、そして予備校の学費を払う金銭的余裕がなかったことです。自宅学習をしながらも、大学が予備校の先生を招聘して実施する勉強会は受講して、統一模試も受けました。1日に3科目という課題を自分に課して、模擬試験の復習と解き直しを繰り返し、類似問題にも対応できるようにしました。
 モチベーションの保ち方としては、まず先生を頼ること。アドバイスをもらえるし、話すだけでも気分転換になります。そして仲間と一緒に互いに切磋琢磨することはとても重要です。3つ目は遊ぶときは思いっきり楽しむことです。私の趣味はこう見えて料理やお菓子つくりなのです。
 友達のなかにはCBTを2度失敗した後、6年生になり1年間だけ7時から23時まで大学に籠もって勉強を続け、ぐんぐん成績を上げて無事に国試合格を遂げた人もいます。今からでも遅くありません。
 最後に保護者の皆様にお願いです。私の両親は伊万里在住で、心配していることは表に出さず、送ってくれる荷物の中に[後悔の無いように体調管理に気を付けてファイト]とだけメッセージを入れてくれていました。陰ながらのサポートがうれしかったです。お子様を信じてあげてください。」
 
 と学生向けだけではなく、保護者へのメッセージも加えてくださいました。また、参加学生のストレートな質問にも笑顔で答えていただきました。
 

後援会主催夏季集中講座

後援会主催夏季集中講座
 
 
 後援会会長の都合により、古賀副会長が激励されました。
「私も本学の卒業生であり、現状よりはのんびりとした雰囲気の中で勉強しておりましたが、病院薬剤師になるんだという強い信念を持っていました。どこの病院ということまで決めていたのです。弱い心を持つ自分に負けたくないと頑張れば頑張るほど自信につながります。夏休みも返上してこうして集中講座に参加している皆さんにはやる気があると思います。早い段階で目標を決め、そのモチベーションを保つことはとても重要です。この集中講座に参加したことをきっかけに、オンとオフのスイッチの切り替えを上手に行い、1度しかない時間を大切に過ごしてください。皆さんの先輩は全国に約15,000人います。その先輩方が皆さんを待っています。毎日コツコツと勉強して、試験前には万全の態勢で臨んでください。頑張ったことは自信につながるとともに一生の宝物です。応援しています。」
<<第一薬科大学後援会>> 〒815-0032 福岡県福岡市南区塩原2-9-23 TEL:092-551-4746 FAX:092-555-3134